絶縁したいの?ずっと未読無視でもLINEをブロックしない理由

LINEを送っても送っても一向に付かない既読の文字。どうせ読みもしないし、もちろん返事もしてくれない。それならいっそのことブロックしてくれたらいいのに、それもしてくれない。相手は一体どんな気持ちなんだろうって思いますよね。
今回は未読無視をし続ける相手はどんな気持ちなのかをまとめてみました。

ブロックはせず未読無視を続ける理由

内容だけは把握したい、別の方法で読んでいる

返事をしたりなどのやり取りをする気は一切ないけど、通知画面でなんとなくでも文章の内容を把握しておきたいというパターン。既読を付けずにLINEを見る方法はいくつかあります。専用のアプリや、機内モードを使用するやり方などなど。
そんなに気になるなら既読にしたらいいのに、なぜかそれはかたくなにしないのは不思議ですが、本人なりのこだわりがあるんでしょう。

どうでもいい

ブロックとかそういう手段をとることすら頭にないほどに、あなたのことがどうでもいいのかも。どんな内容でも、なんでも全く開く気にならないのかも知れません。

ブロックするのに抵抗がある

相手のことを絶縁したいくらいには思っていても、さすがにブロックには抵抗がある場合。どんなに好きでもない相手でも、ブロックして相手にどう思われるのかが心配なのかも知れません。

既読を付けるのが嫌

そもそもマメな連絡が苦手な人は、返事をすることが億劫。既読が付いてしまうと、相手に見たことが伝わってしまうため、既読を付けることが嫌な場合も。この場合、決してあなたのことが大好きということはないけれど、決して嫌いなわけでもないでしょう。

キープしようと思っている

好きでも嫌いでもないけれど、もしもの時のためにキープをしておきたい場合。現時点ではやり取りするつもりはないけれど、何かきっかけがあれば連絡できるようにブロックまではしてないのかもしれません。

ブロックされているから嫌われているとは限らない

あなたの中では「ブロック=嫌い」が当たり前になっているかもしれませんが、みんなが同じ考えとは限りません。特別な理由がなければブロックまではしないという人も世の中にはたくさんいます。人によってブロックに対してのハードルは違うので、すべてを自分の基準で判断しないようにしましょう。だからと言って、未読無視の相手にしつこくすると逆効果になる可能性が高いので、無理強いはしないように気を付けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です