LINEで彼と絶縁したい、ベストな方法は?

面と向かって別れ話をするのはどうしても気まずい、遠距離恋愛でちゃんと話し合うことが難しい、色々な理由から彼との別れ話をLINEで済ませてしまいたいと思っている方も多いと思います。中には相手がキレると暴力的になってしまうために、直接の話し合いが難しい場合も。LINEで別れ話をする際は暴力の心配こそないけれど、文章でのやり取りだけなので気持ちが上手く伝わらずにこじれてしまう可能性も。
どうしたら拗らせたり、大きく揉めたりせずにLINEで別れ話が出来るのかをまとめました。

どうしたらLINEでスムーズに別れ話ができる?

拗らせずにLINEで別れ話をするには、どんなことに気を付けたらいいでしょうか。事前に確認しておくべきポイント、LINEをする際に気を付けること、LINEを送った後に注意すべき点をいくつかご紹介します。

事前に彼の反応をイメージしておく

LINEで別れを切り出した際に、彼がどんな反応をするのか想像してみましょう。どんな理由だとしても、別れ話なんて多少は揉めるもの。気持ちを伝えた時に「直接言わないんて!」、「別れたくない」などなどスムーズに受け入れてくれない男性もたくさんいます。LINEでスムーズに話し合いを進めたいなら、反応を予測して切り返しなどをシミュレーションしておくと話の流れを自分のペースに持っていきやすいですよ。

文章は短く簡潔に

気持ちを伝えようと思うとついつい長文LINEを送りがち。長文になってしまうと相手は読む気がなくなってしまう可能性も。パッと開いて既読はつけたけど、読みもせずに面倒だと思ってそっと閉じてしまったり、読んだとしても読むだけで疲れて返事をくれないかも知れません。
それよりは短く簡潔に、別れたいという思いを伝えましょう。スタンプや絵文字、顔文字を使うと本気ではなく冗談だと思われてしまうこともあるのでシンプルな文がおすすめです。

別れたい理由を伝える

別れ話を切り出す前から別れそうな気配があれば「別れたい」の一言で納得してもらえるかもしれませんが、突然だと納得してもらえないかもしれません。
理由を話したら喧嘩になったり、怒られたりするかも知れない、面倒くさいなど様々な思いから言いにくいかもしれませんが、嘘でもなく本音で別れたい理由を伝えるようにしましょう。そうでないと相手がきちんと納得してくれない可能性があります。納得したうえで別れないと後々のトラブルのもとになりかねないので誠意のある対応をこころがけましょう。

自分勝手に話を進めない

冷めきった関係だったとしても、いざ別れたいと一方的に告げられれば別れるのが惜しくなったり、意地になってなかなか別れてくれない男性も。もし、相手の男性が別れ話に対して色々と要望を出してきた場合、無視して話を進めずにどうすればいいのか一緒によく考えるようにしましょう。納得していない相手を無視して別れ話を進めてしまうと、相手が怒って家まで来たり、電話がかかってきたりとLINEで済ませようと思っていた別れ話がこじれて面倒なことになってしまうかもしれません。

別れ話のLINEを無視されてもしつこくしない

別れたいと書いたLINEを送ったのに相手に既読スルーされたとしても、しつこく追加のLINEを送るのはやめましょう。きちんと別れたいから返事が欲しい気持ちはわかりますが、しつこくすればするほど返事は来なくなりますし、人によっては別れたいLINEを受け取った時点で関係が終わったと捉えている可能性も。どうしても気になるなら共通の友人にそれとなく探りを入れてもらうといいかもしれません。

別れたい相手でも誠意をもって接すること

気持ちが冷めた結果、別れたいと感じている相手でも過去にはお互い好意を持って一緒に過ごしてきた相手。手段がLINEだとしても、自分の気持ちを一方的にぶつけることなくきちんと相手と向き合って納得できる別れを目指しましょう。自分勝手は身を滅ぼすだけ、トラブル回避など自分のためにも心がけてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です